クレジットカードに付帯されている旅行保険は各企業によって補償内容は異なりますが、基本的には無いよりは増し程度の補償を受ける事が出来ないといいます。特に海外では医療制度が日本とは大きく異なり、例えばアメリカで手術や入院をする場合は治療費の自己負担額が数百万円にも上ることもあるので、クレジットカードに付帯されている旅行保険程度では全額補償は程遠いものとなります。そういった金銭的トラブルを防ぐのに有効なのが複数の企業のクレジットカードを持って旅行保険を合算させるという方法で、管理は面倒になりますが、高い治療費が必要になった時でも自己負担額は非常に少ないものになるでしょう。

 

>>>クレジットカードのおすすめ情報はこちら