コンビニ

 

 

コンビニの支払いは何でしますか? コンビニでの支払いはクレジットカードですか?それとも電子マネーですか?コンビニのレジで並んで順番を待っている間、お客様のレジでの支払を見ていると、携帯の電子マネーで支払っている人が多いのにはビックリです。そのおかげか、レジでの待ち時間が以前に比べて短くなったように思います。特にお昼時などに行くと、お弁当等を買う人で混雑しているのですがレジ待ちでイライラしている人がいません。お客様がお金を出す時間とお店がお釣りを用意して出す時間が省かれることで、レジがスムーズに流れているんですね。お腹がすいているときは特にイライラしますから、電子マネーはいいシステムですね。電子マネーにもいろいろ種類があるようですが、Edy(エディ)などはほとんどのコンビニで使用できるで、何枚もの電子マネーカードを持たなくてすみますし、利用するコンビニによってはマイルやポイントが貯まるなど、お得なサービスもあるようです。こんなに便利なシステムがどうして爆発的に世界に広がらないのでしょうか?サービス大国日本ならではのシステムなのかもしれません。クレジットカードもコンビニではサインレスで支払ができますので、クレジットカードもレジ待ちのイライラ防止になります。
セブンカード(セブンイレブン) セブンイレブンのセブンカードは、イトーヨーカドーと一緒になったこともあり、主婦には利用し甲斐のあるカードですね。セブンイレブンというと、電子マネーカードのnanaco(ナナコ)のイメージが強いと思いますが、クレジット機能がついたセブンカードは利便性にすぐれているカードです。セブンイレブンやデニーズ、西武等のポイント優遇店でカードを利用するとクレジット利用毎に200円毎に3ポイントが貯まりますし、イトーヨーカドー等のポイント加盟店での利用は200円毎に1.5ポイント、現金で買い物をした場合でも、カード提示で100円毎に1ポイントがもらえます。ポイントはどのカードでもポイントの高い低いはあってもつきますが、それをどう使えるかによってずい分カードの価値というのは変わってくるのではないでしょうか。セブンカードは貯めたポイントをセブンイレブン以外のポイント加盟店で利用できるというのは大きいのではないでしょうか。nanacoポイントにに交換ができるので、nanacoに交換すればセブンイレブンでも使えます。また、ANAのマイルや金券にも交換可能なので、ポイントの利用する幅が広いので、主婦の方におススメカードとしては一番ではないでしょうか。入会金は無料ですが、年会費は初年度は無料ですが次年度からは、前年が5万円以上利用していれば無料です。5万円以下であれば年会費500円がかかります。

>>>セブンカード・プラスカードはこちら

ローソンパス コンビニのカードというと電子マネーのようなプリペイドタイプのものを思い浮かべると思いますが、ローソンではクレジット機能(VISA)つきの会員カード「ローソンパス」というのがあります。ローソンで利用すると100円毎に1ポイント付き、来店ポイントももらえます。現金でお買い物をした場合でも、カード提示でポイントがつきます。ローソン以外で利用した場合も、1,000円につき5ポイントもらえますし、気がついたら結構貯まっていたということもあるかも。また、1ポイント1円換算で、商品の引き換え券や金券と交換ができます。ローソンでのお買い物の時にポイントを利用できませんが、それに代わる商品の引換券と交換できたり、QUOカードと交換できるのは良いシステムですね。通常のポイントサービスの他にも、期間限定のボーナスポイントなどのサービスもありますし、お試し商品を格安で購入できたりと細やかなサービスが多いような気がします。また、会員向けのプレゼント企画や会員を対象とした特別価格の商品もあるので、自宅の近くや職場の近くになどにローソンがある方は、入会金や年会費が無料なので1枚持っていてもいいのではないでしょうか。コンサートチケットが優先予約できるなどのサービスもあるので、若い方に特におススメのカードですね。
イオンカード(ミニストップ) ミニストップ独自のクレジットカードは無いようです。イオングループが発行するAEONカードと提携はしていますが、イオンカードでミニスットプで買い物をしてもポイントはつきません。一見すると何の得もなさそうなカードですが、毎週土曜日に買い物をすると5%OFFになります。ポイントは、1,000円につき1ポイントとちょっと低いですが、コスモ石油やイオンシネマ等の優待加盟店の場合は2倍になります。他のコンビニカードに比べるとポイントが低いので、あまり利点を感じられないかも知れませんが、貯まったポイントの交換が1ポイント5円換算でカタログギフトやイオンの商品券に交換ができるので、交換時にはメリットが感じられるカードといえます。コンビニカードというよりは通常のクレジットカードという感じですね。しかし、クレジットカードとしての総合的なメリットはたくさんあります。例えば、買った商品が壊れても購入日から180日以内であれば、年間最高50万円まで補償してくれるショッピングセーフティ保険等付帯サービスがついています。ミニストップ以外でも、毎月20日と30日はジャスコやマックスバリュでの買い物が5%OFFになりますので、入会金・年会費は無料ですので、ジャスコやマックスバリュを利用する方主婦におススメカードです。
ファミマTカード ファミリマートが発行するファミマTカードはクレジット機能付き会員カードです。Tがつくことでお分かりでしょうが、TSUTAYAでの利用ができるのが大きいのではないでしょうか。ファミリーマートで利用した場合のポイントは100円毎にTポイントが1ポイントつきます。ファミリマート以外で利用したときは200円につき1ポイントがつきます。火曜日と土曜日をカードの日と設定していて、特定の商品が会員限定で10%OFFになったり、ボーナスポイントが付いた飲料などの商品があるなど嬉しい特典があります。毎日飲料ぐらいしか買わないのに、気がついたら結構ポイントが貯まっていてチョットにんまりしてしまうかも。1ポイント1円換算で利用できるので、クレジット機能を利用するというより、ポイントを貯めてガストなどでお食事に使ったり、TSUTAYAで使ったりと学生さんや若い女性には便利なカードではないでしょうか。ポイント還元も嬉しいサービスですが、通常ならクレジット払いできない「収納代行」や「金券」の支払に使えるという大変便利な特典もあります。ついつい支払を忘れていて、気がついたら支払期限ギリギリなのに、手元に現金が無いということ結構ありませんか。そんな時にファミリマートで、ファミマTカードは使って支払ができるのは助かりますよね。
KARUWAZA CARD(サークルK) サークルKサンクスが発行しているクレジット機能とEdy機能がついたカードが、UCS KAFUWAZA CARDというものです。ポイントの単位がチョット変わっていて、Uポイント・ワザポイント・カルポイントと3種類あります。しかし残念ながら、2010年の2月で新規申込は終了、ポイントサービスも2011年で終了していますので、現在ではサークルKサンクスが発行しているクレジット機能がついたカードは無いということになります。現在あるのは、カルワザクラブのポイントサービスですが、カルワザクラブに入会して、店頭のカルワザステーションから、ポイントが貯まる電子マネーを登録することで、登録された電子マネーの利用により、ポイント獲得や会員限定クーポンなどのサービスが受けられるカードです。登録できる電子マネーも楽天Edy、交通系電子マネー(Suica等)、QUICPay、iD、PiTaPaがあります。キャンペーンやクーポンなどのサービスがあったり、カルワザオンラインという通販サイトも運営しているので、オンラインショップで買い物をしてもポイントが貯まります。サークルKサンクスは美味しいスイーツが安価で買えるお店ということもあって、若い女の子に人気のコンビニですから、カルワザクラブは女の子におススメのカードですね。
nanaco クレジットカード機能はありませんが、電子マネーの代表格はnanaco(ナナコ)ではないでしょうか。セブンイレブンのコンビニとイトーヨーカドーなどで使える電子マネーですが、セブン銀行口座利用でもポイントがつきます。銀行を利用してポイントがつくなんて珍しいのではないでしょうか。電子マネーですから事前にチャージをしておくことで小銭のわずらわしさから開放されます、レジ自体が電子マネー対応になっているのでレジでかざすだけで、大きな画面で確認もできます。お買い物をすることでポイントがたまりますので、コンビニ大好きのまだクレジットカードが持てない年齢の人たちにいいのではないでしょうか。特に、セブンイレブンには化粧品も置いて豊富においてありますから、女子高生にはピッタリのカードと思います。ポイントは利用金額100円につき1ポイントが付きます。商品の中にはボーナスポイントを設定いる商品がありますので、ポイントの高い商品を選んでポイント貯めてください。もちろんポイントは電子マネーに転換されるますから、ポイントでお買い物ができます。入会時に300円かかりますが、ポイントとして帰ってくるので、結局はタダということになります。8のつく日はイトーヨーカドーで5%の割引も受けられます。

>>>セブンカード・プラスカードはこちら

セイコマートクラブカード セイコーマートをご存知でしょうか。北海道発祥のコンビニです。コンビニではあるのですが、一般のコンビニとは少し違って、野菜や惣菜などが豊富にそろえてあり、お値段も安くて小さなスーパーという感じですね。毎週水曜日から日曜日まで、セール品やお買い得品を用意しいるので、主婦やご年配の方の強い見方というところでしょうか。セイコマートではポイントカードのみでクレジットの機能がついているカードは発行していません。セイコマートクラブカードのポイントは100円で1ポイントが付き、貯まったポイントでセイコマートが用意した商品と交換ということになります。ポイントは他のコンビニカードと大差ありませんが、お買い物の際にレジでカード提示だけで割引になるサービスがあります。ポイント交換は、セイコマートがリストアップした商品のみとなるので、あまりお得な感じはありませんが、北海道のどんなへんぴなところにもあり、何でも売っているので、お年寄りなどにおススメのコンビニであり、カードでもあります。店舗にもよりますが、24時間営業でないところがちょっと残念ですが、朝の6時から営業しているのでそんなに不便には感じませんが、年に1〜2回はとんでもない時間に、お腹がすくことがあるのでそんな時には営業していないと悲しくなります。
WAONカード WAONカードというとイオンカードと思ってしまいますが、クレジット機能が付いたイオンカードではありませんが電子マネーのWAONカードです。当然イオンでお買い物をする時に利用できます。200円で1ポイント貯まります。CMでもおなじみ20日30日はポイント5倍です。こちらのもボーナスポイントが付く商品があり、100ポイントで100円分にイオンなどで専用の機械でカードにチャージされ交換できます。イオンとミニストップで5倍の日に、ボーナスポイント商品を買えば沢山ポイントが付いてお得感いっぱいですね。スーパーのイオンやコンビニのミニストップ、マクドナルドでも使えるところがあるので、お金をチャージしてプレゼントしてあげてもいいですね。お年玉代わりにあげても喜ばれるかもしれません。でも、やっぱりお年玉は現金のほうが喜ばれますよね。55歳以上の方と65歳以上の方お得な特典も満載されているので、ご年配の方におススメのカードです。カード発行には300円かかりますが、300ポイント付いてくるので実質0円ということになります。毎月15日にはG.G感謝デーが行なわれていて、5%OFFで買い物ができ、65歳以上のお客様には5%OFFでお買い物ができるほか、3,000円以上お買い上げで100ポイント別に付きます。
おサイフケータイ お買い物をすると、いつの間にか小銭がたまってお財布の小銭入れのところがパンパンになることがありませんか。男性は小銭をあまり持ち歩かないと思いますが、女性は財布に入れておいて買い物時にちゃんと使うんですよね。でも最近はコンビニやスーパーで買い物をしている女性を見ていると、携帯電話を出してレジのところにある情報を読み取る端末みたいなところに「ピ!」とかざして支払完了なんですね。携帯電話がおサイフ代わりとして利用しているんですね。コンビニやスーパーだけではなく、自動販売機やインターネットの通信販売での支払にも利用できる優れものなんですね。この機能は、家計を預かる主婦にはとても便利なものではないでしょうか。カードタイプの電子マネー(プリペイドカード)ですと、チャージ金額や利用履歴が確認できませんが、携帯電話の画面がつくことで履歴が確認できるのは、レシートをなくしても携帯の画面で確認できますので、あとで家計簿をつけたりするのにとっても便利なのではないでしょうか。私の携帯は未だに電話だけの機能しかない昔ながらの仕様となっていますので、携帯をかざして「ピ!」としている人を見ると自分がいかに世の中についていっていないかを実感させられます。