ネット通販

クレジット決済のメリット 14、5年程前、まだスマホが無かったころ、友人が今はお布団や家具もネットで買う時代だよ、と言っていたのを思い出します。今では何でもネットで買えますが、無知だった私は一度購入してしまったら、戻せないと思っていたので、ネットで家具を買うなんてとんでもない。と思い大型の物は買ったことがありませんでしたし、洋服でも気に入らなくても一度も返品と言うことをしたことがありませんでした。支払い方法もクレジット決済が主流になってきてはいましたが、代金引換で購入している人が多かったと思います。代金引換や銀行振込などですと、一度支払っているのですから、返金という面倒な手続きを取らなくてはいけません。昔なら一度買ったら返品するのが面倒だからっと思い、あきらめた人は私を含めて結構いたのではないでしょうか。カードであればショップ側が決済金額の変更をしてくれますから、買う側の手間はありませんので、気に入らなければ簡単に返品できてしまいます。買う側にしてみればいいことですが、ショップ側からすると、商品が簡単に戻ってくるというのはどうなんでしょう?手間だけかかって利益を生まないわけですから、クレジット決済も多少のデメリットがあるということになりますね。お客様にとってはメリットしかありませんが。
Vプリカ ネット専用のVプリカと呼ばれるプリペイドカードをご存知でしょうか。クレジットカードとは違い、コンビニの端末でも購入でき、本人確認資料や審査なしなので、即時発行されるプリペイドカードです。カードと言われていますが、実際にクレジットカードのようにプラスチックのカードは発行されませんが、クレジットカードと同じ16桁の番号と有効期限が提供されます。ネット上にある何万というVISA加盟店で利用できます。プリペイド式なので使いすぎると言うことがないので、後で請求書が来てビックリいという事がないので安心です。ネット通販を利用するとき、支払の段階になるとカードが無い場合は、銀行振込か代金引換となります。どちらも手数料が発生しますし、ほとんどの場合は購入者がこの手数料を負担しなければなりません。銀行振込ですとわざわざ銀行に行かなければなりませんし、代金引換ですと代金を用意しておかなければいけません。手間も余計な手数料もかかってしまいますが、クレジットカード利用であれば、手数料もかかりませんし、注文時にすべて完了してしまいますので、あとは荷物を受け取るだけです。しかし、学生さんやクレジットカードを持つことに抵抗のある方には、このVプリカはネット通販の強い見方かもしれません。
ゲームでの利用にVプリカ 今や右を見ても左を見ても、誰もがスマホを手にずーとゲームをしている光景を目にします。無料のゲームも多数ありますが、意外とやりたいゲームは有料だったりすることが多いと思います。ついつい使いすぎて、請求書が来てビックリ。お母さんにもの凄く怒られた人も多いのではないでしょうか。親御さんも子供のゲーム代に頭を悩ませているのではないでしょうか。携帯ゲームはいつでも何処でも簡単に遊べることです。通勤時間の退屈な時間をゲームに費やす人も多いのではないでしょうか。携帯ゲームのない時代は、本を読んだり新聞を読んだりしていましたが、今は男性も女性も年齢を問わず、ゲームに夢中になっています。通勤電車だけではなく、休憩時間にもゲームをしているのが普通。お友達と会っていても、会話をすることも無くお互いにゲームをずーとしていて、たまに顔を上げてもゲームのことを一言二言話をして、またゲームに戻る。こんなことばかりしていたら、有料のゲームであれば、かなり課金されるのではないでしょうか。今のゲームはゲームの中でアイテム購入など、1つ物は小さな金額でも、積み重なれば結構な金額になります。親に取ったらたまった物ではありませんよね。この使いすぎにVプリカを利用すれば、プリカを購入した金額以上は使えませんか、使いすぎ対策になるのではないでしょうか。
Vプリカでブランド品をゲット 憧れのブランド品は、やっぱり海外のネットショップで購入したほうがお得な場合もあります。サイトによっては、国内と同じ程度の日数で手に入るサイトもあります。ネット上であれば、遠い海外のショップでも、国内のお店と同じだと言うことですね。ネットショップを見ていると、日本ではなかなか手に入らないものも目に付くでしょうから、ついつい買ってしまうなんてこともあるはずですが、いざ支払の画面になると躊躇しませんか。海外サイトですから、支払はクレジット決済が基本となります。しかしそこは海外、日本にいて注文していても相手は外国のお店です。クレジット番号を入力して大丈夫なのだろうかと、不安がこみ上げてきますよね。Vプリカであれば、プリペイドカードではありますが、相手からするとクレジットカードと同じ扱いになりますし、もしカード番号が相手に不正に取得されたとしても、使いきりカードなので使うほうとしては安心です。また、Vプリカはカードを購入するたびにカード番号が新しくなりますし、使用中のカードでも「再発行」する事によって番号の変更が出来ます。海外サイトで買い物をして、ちっと心配だなと思ったら、再発行の手続きをしてカード番号を変える手があると言うことですね。カード名義もニックネームが使えるそうですので、ネット通販には安心して使えるカードです。
楽天カード 楽天は楽天市場だけではなく、楽天グループや加盟店などでの利用も大変お得のようです。楽天グループには、楽天トラベル、楽天銀行、楽天証券などがあり、すべてを網羅していると言ってもいいかもしれません。楽天トラベルでは、国内外のホテルや航空券、レンタカーなどの利用でもポイントが獲得できます。また加盟店のENEOSやコナカなどでも利用すれば、もちろんポイントがたまりますが、このポイントが結構大きくて100円毎に2〜3ポイント、現金に換算すると2〜3円分が付きます。これは大きいですよね。楽天カードの会員になると「楽天あんしん支払いサービス」というネット上の支払いサービスを利用すると通常の2倍ポイントがもらえます。「楽天あんしん支払いサービス」とは、楽天が提供するネット上の決済サービスで、無印良品などの有名なお店が加盟しています。これらのサイトで楽天あんしん支払いサービスを利用すると、100円につき2ポイントが付きます。加盟店であれば、楽天市場と同じポイントが付くのは大変お得です。また、楽天市場を利用したことがある方はご存知だと思いますが、様々なタイミングでポイントアップキャンペーンが行なわれています。ポイントアップキャンペーン期間中に、楽天カードを利用してポイントを沢山獲得して、ずーと欲しかった物を手に入れてはいかがでしょう。
楽天カード 楽天は楽天市場だけではなく、楽天グループや加盟店などでの利用も大変お得のようです。楽天グループには、楽天トラベル、楽天銀行、楽天証券などがあり、すべてを網羅していると言ってもいいかもしれません。楽天トラベルでは、国内外のホテルや航空券、レンタカーなどの利用でもポイントが獲得できます。また加盟店のENEOSやコナカなどでも利用すれば、もちろんポイントがたまりますが、このポイントが結構大きくて100円毎に2〜3ポイント、現金に換算すると2〜3円分が付きます。これは大きいですよね。楽天カードの会員になると「楽天あんしん支払いサービス」というネット上の支払いサービスを利用すると通常の2倍ポイントがもらえます。「楽天あんしん支払いサービス」とは、楽天が提供するネット上の決済サービスで、無印良品などの有名なお店が加盟しています。これらのサイトで楽天あんしん支払いサービスを利用すると、100円につき2ポイントが付きます。加盟店であれば、楽天市場と同じポイントが付くのは大変お得です。また、楽天市場を利用したことがある方はご存知だと思いますが、様々なタイミングでポイントアップキャンペーンが行なわれています。ポイントアップキャンペーン期間中に、楽天カードを利用してポイントを沢山獲得して、ずーと欲しかった物を手に入れてはいかがでしょう。
Yahoo!JAPANカード ネットショップの決済にはクレジット決済が欠かせない時代になってきました。クレジット決済を利用すれば、余計な手数料(振り込み手数料、代金引換手数料など)がかかりません。楽天カード等は有名どころですが、ヤフーにもカードがあるのをご存知でしょうか。「Yahoo!JAPANカード」はカードの利用で「Yahoo!ポイント」が貯まるクレジットカードで、Yahoo!プレミアム会員、Yahoo!BB会員なら「Yahoo!ショッピング」や「Yahoo!共同購入」、「Yahoo!ウォレット」の料金をYahoo!JAPANカードで支払えば通常のポイントにプラスしてもう1ポイント貰えるので、Yahoo!プレミアム会員やYahoo!BB会員の人にオススメです。ネットショップを利用している人は、楽天かヤフーショッピングかに分かれると思います。特にオークションをする方はヤフーを使われるのではないでしょうか。ヤフーを利用される方には、やはりヤフーカードがお得だと思います。ヤフーショッピングでポイントが最大27倍のときもあるそうです。Yahoo!かんたん決済の落札代金の決済手数料が最大50%OFFになります。年会費は初年度は無料ですが、次年度からは1,312円かかります。ただ前年度のカード利用合計が20万円以上であれば無料となっています。20万円はちょっときついような気がします。

 

ヤフーカード

 

Yahoo! JAPAN JCBカードのポイントは、利用金額の100円につき1ポイントがもらえます。Yahoo!ショッピングでの買い物をすれば、さらに商品本体価格(税抜き)につき1%追加されます。さらにスマートフォンから利用した場合はポイントが3倍になります。3倍は大きいですね。貯まったポイントはヤフーショッピングなどで1ポイント1円として商品の購入などに利用できます。Yahoo! JAPAN JCBカードにもショッピングガード保険が付いていますので、カードを利用して購入した商品を、Yahoo! JAPAN JCBカードでの購入日から90日間補償してくれます。また、インターネットショッピングで身に覚えの無い請求があった時は、調査後に確認が取れたら請求を取り消ししてくれる「JCBでe安心」というサービスもあります。第三者によって不正利用が認められれば当然適用対象となりますので安心ですね。ネットショップ利用というのは相手が見えない取引です。ショップ側を信用して取引をするわけですから、当然ショップはセキュリティには万全を期さなければなりません。大手のショッピングモールであれば、セキュリティ対策は万全だとは思いますが、しかし安全というものに100%、絶対大丈夫ということはありえないと思います。使うほうもいざというときの対処法をきちんと身に付けなければいけません。

Amazonのクレジットカード 今ではありませんが、Amazonにもクレジットカードがありました。もう4.5年ほど前に終了してしまいましたが。では、Amazonはどこのクレジットカードを推奨しているのだろうと思い調べてみたのですが、正直よく分かりませんでした。しかし、ちっと面白いことに気がつきました。Amazonに入ってクレジットカードを検索すると、なんと商品と同じようにクレジットカードが販売されているのです。正確には販売ではないのでしょうが、アメックスやJCB、VISAなどが商品棚に並んででてきました。クリックして入ってみると、通常の商品と同じように、年会費、ポイント率、サービス内容が表示され、右横に「今すぐ申し込む」というアイコンがあって、申し込むようになっています。大きな画像の下には、カードデザインの画像があり、選べるようになっていました。ためしに楽天やヤフーショッピングなどでも、クレジットと入力して検索してみましたが、クレジットカードの申し込みは出てきませんでした。クレジットカードを商品と同じ扱いしする考えは、正直なかったので不思議で仕方ありませんでした。Amazonはアメリカの会社ですが、これってアメリカ独特の考えなのでしょうか。日本のショッピングモールでは扱っていないところを見ると、日本はクレジットカードを商品とは見ていないということですね。
クロネコヤマトファイナンス ネットショップを運営する企業はもちろん個人でも、クレジット決済のシステムを導入しなければ、なかなかお客様は増えてはいきません。今やネットショップ運営にはカード決済は不可欠ということです。しかし、立ち上げたばかりのネットショップがクレジット決済を導入するには多少費用がかかりますので、経費の負担は出来るだけ避けたいものです。一般的には導入費用が1万円前後かかりますし、月々の管理費が少なくても3,000円はかかってしまいます。まして、カード会社からの入金は下手をすると2ヶ月くらい先になる場合もありますし、手数料もかかってしまいます。それでは立ち上げて間もないショップにはかなりの負担となります。そんなショップの救世主が宅急便のクロネコヤマトです。クロネコヤマトの関連会社で、クロネコヤマトファイナンスがあります、ヤマトファイナンスにカード決済のシステム導入を申し込むことによって、ネット上のカード決済や代金引換の時のお客様の支払いがカードでもOKとなります。また、電子マネーも利用できますので、大変便利なシステムです。売上の代金の入金も月末締めの翌月の上旬には入金になってきます。一般のクレジット会社なら20日〆としたら、その後の10日分売上は翌々月となり2ヶ月も先送りになってしまいます。導入時の費用もかかりませんので、カード導入をお考えの方は運送会社のファイナンスを利用するといいと思います。