国際ブランド

クレジットカードは国際ブランドと国内ブランドどちらが良い? クレジットカードを発行している企業は色々ありますが、それらの内国際ブランドのクレジットカードは海外のクレジットカード会社のフランチャイズのような形でカードを発行しています。クレジットカードを発行する際国内ブランドにするか国際ブランドにするか選択する事が出来るカードも良くありますが、その時どちらのブランドにすれば良いのか分からないという方も多いのではないかと思いますが、実際のところクレジットカードは国際ブランドと国内ブランドのどちらが良いのでしょうか。クレジットカードが広く普及してきた現在、一部のカードしか使う事ができないというお店も数が少なくなってきています。昔は国内ブランドのカードのほうが使えるお店が多かったのですが、今では国際ブランドの普及に伴い利用できる店舗も多くなったので日本国内でカードを利用する場合はどのブランドのカードを発行してもそれほど困らないと思われます。ただし海外でカードを利用する機会が多いのであれば国際ブランドのカード以外には選択肢はないといっても良いでしょう。有名な国際ブランドのカードを持っていればどこでも気軽にお買い物をする事が出来るのでオススメです。後はサービス内容や審査が通りやすいかどうかなどでどのカードを選ぶか絞り込んでいきましょう。
クレジットカードの国際ブランド クレジットカードを発行している企業は当然世界中に存在します。中でも全世界で利用する事が出来るような国際ブランドのカードは日本でも広く利用されており、以前は利用できる店舗が少なかったものの現在では利用できる店舗も国内ブランドのカードと同じくらいに増加し、どこでも気軽に国際ブランドのカードを利用する事が出来るようになっています。クレジットカードをこれから発行するという方は一枚は国際ブランドのカードを手元においてみてはいかがでしょうか。クレジットカードの国際ブランドはいくつもありますが、日本で有名なブランドといえば「Master Card」、「VISA」「JCB」「AMERICAN EXPRESS」「Diners Club」あたりがよく挙げられます。これら国際ブランドのカードを持っていれば海外でも気兼ねなくカードを利用する事が出来たり、その他独自のサービスを受ける事が出来るなどの特典も備わっているので海外旅行によく行くという方は一枚といわず複数枚国際ブランドのカードを持っておけばその時々にあったカードを利用してよりお得に海外でお買い物などを楽しむ事が出来るようになるはずです。各ブランドについての詳しい情報はインターネット上で一通り調べる事が出いるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。
JCB クレジットカードを発行している企業は全世界に存在しますが、発行された国だけでなく、他国でも利用できるようなクレジットカードを発行している国際ブランドは極わずかといいます。そのうちの一つであるJCBは国際ブランドで唯一日本で生まれたクレジットカードです。他の国際ブランドのカードと比べると利用できる国の数は多くはありませんが、日本で生まれたカードだけあってサービス内容などは日本人が利用することを考慮したものになっています。もちろん国内で利用するのにも大変便利なので海外に行かなくとも持っていて損はありません。JCBカードを利用する事が出来る国は他の国際ブランドのカードと比べると少ないといわざるを得ません。ハワイや韓国など日本人が海外旅行に行く事が多い国を中心に利用できる範囲を広げているので、それ以外の国に行った場合は他の国際ブランドのカードを使わないとカードを利用することは出来ないでしょう。しかしJCBカードは多くの日本人が行く国に関しては非常に強いのが最大の特徴でもあります。例えばそういった国への旅行件を購入する際も会員限定の特典やキャンペーンを利用する事が出来ますし、緊急時に日本語で対応してくれるサービスなどもあるので始めて海外旅行へ行くという方も安心です。
VISA クレジットカードの中でも特に有名な国際ブランドの一つであるVISAのクレジットカードは全世界で利用する事が出来るといっても過言ではないくらい利用できる国がたくさんあります。もちろん日本でも存分に利用する事が出来、日本国内のクレジットカード発行枚数も2位を記録しているほど多くの方がVISAのクレジットカードを利用しています。クレジットカードは持っているけどVISAカードは持っていないという方も一枚だけでも持っておいて損はないでしょう。VISAカードは多くの国で利用する事が出来るということで知られています。日本ではVISAカードを利用できる店舗が一番多いそうで、カードが使えずお買い物ができないということもほとんど無いと思われます。海外ではアジア諸国やアメリカ、ヨーロッパ圏でも使われているので海外に行く機会がある時は一枚VISAカードを持っていくだけでお買い物をスムーズに進める事が出来るでしょう。サービス内容も充実しており発行している企業によって様々な特典を利用する事が出来るので、使いどころに合わせてカードを発行すれば特典やサービスをフルに活用する事が出来るでしょう。クレジットカードを発行する機会がある方はぜひVISAカードをお持ちください。
Master Card 世界中にあるクレジットカード会社の中でも世界各国で利用する事が出来る国際ブランドのクレジットカードは極わずかです。そのうちの一つである「Master Card(マスターカード)」は世界2位の規模を誇る国際ブランドで、日本でも広く利用されているクレジットカードです。世界各国で利用されているのは他の国際ブランドのカードと同様ですが、マスターカードはヨーロッパ圏でよく利用されているそうなので、そちらに旅行に行くという方はマスターカードを用意しておくとお買い物の時など役立つのではないでしょうか。国際ブランドのクレジットカードは日本ではVISAとJCBに人気が集中しているようですが、世界的にはVISAとマスターカードの二強といわれています。マスターカードはVISAよりも審査が厳しいとの事ですが、その分特典やサービス内容が充実しており、ギフトカードのプレゼントや海外の優待店の割り引きを利用できたりとVISAとはまた違った特典を利用する事が出来るのでよく海外旅行をされるという方はVISAとマスターカードの両方を持っていれば海外旅行をもっと良いものにする事が出来るでしょう。日本国内で使うのであれば優先順位は多少落ちるかもしれませんが何枚かカードを持ちたいという方は一枚持っていても損はしないはずです。
AMERICAN EXPRESS 現在世界各国で様々なクレジットカードが発行されていますが、世界各国で利用する事が出来るカードとなるとごく一部に限定されます。日本ではJCBやVISAあたりがよく利用されており、誰もが一枚はカードを持っているといわれていますが、それ以外の国際ブランドのクレジットカードに「AMERICAN EXPRESS(アメリカンエキスプレス)」があります。どちらかというと通称のアメックスの方が聞き覚えがある名前かと思いますが、このカードもアメリカを初めとする様々な国で利用する事が出来ます。日本ではJCBと加盟店開放契約をしているため利用できる店舗も意外と多いのだそうです。アメックスは昔はアメックスのグリーンカードは他社のカードのゴールドに匹敵するとまで言われていたほど審査が厳しいことで知られていましたが、現在は昔と比べて審査もやさしくなったとの事なので、ある程度安定した収入を得ているという方ならすんなり所有できるはずです。ただしブラックカードともなるとそれこそ本当の富裕層でしか所有できない審査基準と年会費が必要になるのでこれを持つだけでも一つのステータスとなるでしょう。カードそのものの特徴は高額な旅行保険などの手厚いサービスが魅力となっているので余裕がある方は一枚所有してみてはいかがでしょうか。
Diners Club 日本でもクレジットカードが使われるようになってから長い月日が経ちましたが、クレジットカードのブランドの中でも世界各国で利用できるような国際ブランドは極わずかしかありません。そしてそんな国際ブランドの中でも所有する事が一種のステータスとなるようなカードといわれているのが「Diners Club(ダイナースクラブ)」のクレジットカードです。一般カードであっても他社のゴールドカードクラスの審査や年会費が必要になる上、いわゆるブラックカードにあたるプレミアムカードになると様々な条件をクリアした上でカード会社から招待が掛からないと入会する事が出来ないそうです。ダイナースクラブのカードは年会費が高かったり利用できる店舗が高級レストランやブティックなどに限定されるため普段の生活で利用するカードという感じではありません。普段のお買い物でカードを使いたい場合は活躍の機会がなかなか表れないのでカードの使用目的に合わない場合はわざわざ発行せずに別の多くの店舗で利用できるカードを発行したほうが無難です。その代わり使う機会が多いという方には年会費相当の手厚いサービスを利用する事が出来るこれ以上なく役立つカードとなるので、普段そういったお店を利用する機会があるという方は手に入れてみてはいかがでしょうか。
各国際ブランドの特徴 世界中で利用されているクレジットカードの中には様々な国で利用する事が出来るいわゆる国際ブランドのクレジットカードがいくつかあり、それらのカードは日本でも発行されています。各国際ブランドにはそれぞれの特徴があり、それぞれ特典の内容や利用できる店舗などに大きな違いがあるのでクレジットカードを発行する際は使い道にあったクレジットカードを発行するようにすればクレジットカードをより効率よく使うする事が出来るでしょう。クレジットカードの国際ブランドの中で日本でも名前が知られているのが「JCB」「VISA」「マスターカード」「アメリカンエキスプレス」「ダイナースクラブ」の5種類で、このうちJCB、VISA、マスターカードは日本の多くのお店で利用する事が出来るので普段の生活でカードを利用したいという方にオススメです。審査も簡単に通る事が出来るカードが揃っているので始めてカードを持つという方も安心です。アメックスとダイナースクラブは最近審査がゆるくなったとは言うものの他のカードと比べると審査が厳しく利用できるお店も少なめなので普段の生活に利用するには少々不向きです。特にダイナースクラブを利用できるのはいわゆる高級店がほとんどなので一種のステータスカードとして所有するものと思っても良いかもしれません。
どの国際ブランドを選ぶべきか 現在クレジットカードを発行している会社の中でも国際ブランドと呼べるほど多くの国で利用する事が出来るカードを発行しているのは極わずかです。その中でも日本で利用する事が出来るブランドのカードはわずかに数種類しかありません。それらのカードは誰もが一度は見たことのあるブランドばかりですが、その中からどのブランドを選ぶべきなのでしょうか。どうせ選ぶなら一番得をするカードを選びたいところですが果たして各ブランドごとにどれだけカードに差が出てくるのでしょうか。クレジットカードのブランドは名前が有名などよりも自分の生活スタイルを見返して自分がどんな時にカードを使うのかで選ぶのが一番です。例えばダイナーズクラブなどの審査が厳しく年会費も高い上セレブ御用達のようなお店でしか利用できないカードは普段のスーパーのお買い物にカードを利用したいという方には全く向いていないでしょうし、JCBのように日本国内と日本人がよく海外旅行に行くハワイや韓国といった国でしか利用できないカードを発行してもらっても日本人があまり観光に行かないような国に旅行したい方はあまり役立てる事が出来ないでしょう。クレジットカードのブランドを選ぶ際は使いたい状況に合わせたカードを選んで、お得にカードを使えるようにしましょう。
海外でも便利な国際ブランド 日本で発行されているクレジットカードのブランドといえばJCBやVISAあたりが知られていますが、こうした誰もが知っている有名ブランドは海外でも知られている国際ブランドでもあります。こうした国際ブランドは国内で利用するのはもちろん海外で利用する時にも大いに役立ている事が出来、上手く活用する事が出来れば海外旅行などをより安くより便利に行なう事が出来るようになるでしょう。クレジットカードのブランドによる違いはサービス内容や限度額など様々ですが、海外で利用する場合は加盟店の多さが非常に重要になってきます。例えば日本のクレジットカードブランドであるJCBは海外の加盟店はハワイや韓国といった日本人が旅行する事が多い国に限定されているためそれ以外の地域では利用できる店が少なく、日本では加盟店の数が少なめのアメックスは元々アメリカで生まれたブランドなので、アメリカ圏なら多くのお店で利用する事が出来るでしょう。こうした加盟店の多さも重要なポイントですが、それ以外にも旅行保険の額の大きさや加盟店で利用できるサービスの内容などもカードを利用する際の重要なポイントになるのでそういった点も注意しつつ海外でもクレジットカードを利用してみましょう。