女性向けカード

カードのデザイン ここに説明文を入力もう20年近く前だったと思いますが、ある銀行で新規に口座を開いたときに、キャッシュカードのデザインが何種類かあってその中から気に入ったのを選んでくださいと言われ、キャッシュカードのデザインのパンフレットを見せられたことがありました。そのデザインの中に、ジミー大西さんのデザインのカードがあったのがなぜかすごく印象的でした。それまでは、銀行のカードやクレジットカードのデザインを気にしたことがなく、カードのデザインは決まっているものと思っていましたし、いろいろな種類があることも知りませんでした。その時は珍しかったこともあり、ジミー大西さんのデザインにしましたが、その後銀行等のウインドーに貼ってあるポスターなどでかわいいカードのデザインを見ると、カード欲しさにその銀行に口座を開きたくなる衝動にかられたものでした。特に都市銀行のカードデザインはかわいかったので、3、4行のカードを持っていた時期もありました。カードケースには銀行のキャッシュカードやクレジットカード、ポイントカードでいっぱいになった時期もありましたね。今思うと若かったな〜とつくづく思いますね。最近ではクレジットカードのデザインも、一つのカードに対してキャラクター系、動物系、キレイ系などたくさんの種類があり、女性が絶対持ち歩きたいと思わせるデザインが豊富にあるのには驚かされます。
かわいい大好きは国民性? キャラクターデザインのクレジットカードといえば、真っ先に思いついたのがディズニー系のデザインでした。JCBで発行しているクレジットカードで、これは昔からあったと思いますが今でも健在のようです。さすがディズニーは強いですね。廃れることがありません。日本人は世界に類を見ないほどの、かわいい系が大好きな国民だと思いませんか。街中かわいいもので溢れています。ディズニーもそうですが、日本発の世界的キャラクター「ハローキティ」、アニメ系の萌キャラなどもありますし、動物でもイラストなどにするときは「かわいい」を前面に出してキャラクターを作ってしまうと思いませんか。キャッシュカードやクレジットカードがこれほど様々なデザインがあるのはきっと日本だけではないでしょうか。外国のキャッシュカードやクレジットカードを見たことがないのでわかりませんが、友人が海外旅行でアメリカの中部のお店で、支払のときにカードを出した際、カードを見た店員さんが「かわいい」いい、周りの同僚の店員さんに「見てみてこのカード、かわいい」というようなことを言って、チョット嬉しかったと言っていたことがありました。「かわいい」は、どの国の人から見てもかわいいんですね。
デザインがかわいいJCB LINDA 女性向けのかわいいデザインといえば、JCBのLINDAではないでしょうか。女性のために作られた、女性専用の年会費無料のカードです。年会費無料となっていますが、データ維持料が毎月105円かかりますので、年会費が1,260円かかると思ったほうがいいかもしれません。でも毎月105円程度の金額ですと、買い物した金額の中に埋もれてしまって、維持料を支払っている感覚が無いかもしれません。たた、維持料を無料にする方法として、携帯電話利用料金をカード払いなどにしたり、月の支払額が1万円以上なら無料になるそうです。女性専用カードですから、やっぱり女性に嬉しいサービスが決めてですよね。女性専用ならではのサービスでは、人気化粧品のサンプル無料プレゼントや、女性の「キレイ」を追求するLINDAグループのお得情報やサービスが無料配信される点ですね。デザインも7種類あって、かわいいというよりは、大人の女性のカードという印象ですね。LINDA情報サイトというネットのサイトがあるのですが、さまざまなサービスがあり、カテゴリーも5つほどに分かれていて、ビューティ、ファンション、グルメ、エンタメがあり女性の感心が高い情報が盛りだくさんという感じですね。
DAIMARUカード(大丸カード) 大人の女性からの人気のクレジットカードといえばDAIMARUカードかもしれませんね。大丸百貨店と松坂屋百貨店のカードですが、このカードを持っていると、若い女性ならちょっと「大人」になった気分ではないでしょうか。カードのデザインの中に「さくらパンダカード」というのがありますが、最初なんでパンダが桜なんだろう?と、とても不思議でしたが、デザインを見たときには思わず「かわいい」と思ってしまいました。なぜピンクかと言うと、ピンクリボン運動を応援しているのでピンクパンダのようです。ピンクリボンとは、最近日本人にも増えてきた乳がんの撲滅運動、乳がんの早期発発見・早期治療の大切さを世界の女性たちに伝える乳がん啓発運動のことを言います。私も、何度か乳がん検診で引っかかったことがあったので、この運動には興味がありました。毎年、会員数に応じた一定の金額をJ.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)に寄付しているそうです。10月はピンクリボン月間として「さくらパンダ」カードでの取り扱い金額の一定割合も追加寄付するそうです。何処かに寄付したり、ボランティア活動などをすることってなかなか難しいことですが、何気ない日常の買い物などによって、それが同じ女性の為になるということは嬉しいことですよね。
Francfrancカードセゾン セゾンカードにも沢山の種類があります。ちっと驚きの80種類!デザインだけ見ていると、花のデザインやキャラクターデザインがあり女性向けのカードという感じのが何種類かありました。沢山の中でFrancfrancカードセゾンというカードは、デザインは女性向けという感じはしないのですが女性に人気のあるカードです。ではなぜ女性向けかといいますと、全国80店舗以上展開している有名インテリア・雑貨専門店の「Francfranc(フランフラン)」を利用される方にあとってもおススメのカードです。女性はインテリアや雑貨が大好きですよね。かくいうオバサンの私でもインテリアや雑貨は大好きです。女性は幾つになっても好きなんですよね。どう考えても自分の家(部屋)にはあわないだろうと思うような、インテリアや雑貨を手にとって眺めてしまうんです。で、妄素敵な洋風の家の中で、キレイに着飾った自分がおしゃれな家具や置物などに囲まれている妄想にふけってしまうんですね。これは女性ならではの妄想ではないでしょうか。このカードは1,000円ごとに1ポイントが付き、200ポイントで3,000円分のギフトカードと交換できるますので還元率が1.5%です。ギフトカードはFrancfranc系列や併設されているカフェでも利用できます。また、全国の西友・リヴィンでも利用でき、毎月5日と20日は商品5%OFFになる嬉しいサービスもあります。
三井住友VISAアミティエカード 三井住友VISAアミティエカードは女性の為に作られた女性向けのカードです。女性向けの優待プランやポイント優遇などのサービスがあります。カードのデザインも優しい色合いの女性らしさをうかがわせるものです。このクレジットカードのアミティエというのは、フランス語で「女友達」という意味だそうです。コンセプトはお得と安心とを提供するとなっていますが、お得はなんとなくお分かりになるとおもいます。では、安心とは何?となると思います。安心には、旅行傷害保険、ショッピング補償が付帯されていることをいいます。旅行傷害保険は海外・国内旅行とも最高2500万円の傷害保険(規定がありますのでご注意下さい)が付帯されています。ショッピングも年間100万円までのお買い物安心保険が付いています。こちらも規定がありますのでご注意下さい。年会費は初年度は無料で次年度からは1,312円ですが、利用明細書をWEBにすると年会費は787円ねいなります。もっと年会費が安くなる方法としては、マイ・ペイすリボ(自由払い型サービス)への登録と利用で年会費無料もしくは半額になります。年会費無料の学生専用のカードもありますので、カードが欲しいけど学生だからと思っている方は必見です。
漢方スタイルクラブカード 漢方スタイルクラブカードと聞くと、薬屋さんがクレジットカードを発行しているの?と思いますが、その通りで国内最大級の漢方相談薬局が発行しているクレジットカードです。読んで字のごとくですね。このカードとにかくお得にクレジットカードポイントを貯めたい方におススメのカードのようです。最近ではいろいろなメディアに取り上げられていることで、結構有名なカードです。まずはポイントですが、一般的なカードのポイントは100円で0.5円相当ですが、このカードは3倍以上の還元率ということですから、今時点でかなりお得ですよね。貯まったポイントは、もちろん薬日本堂商品割引券として利用できますし、Jデポや日本ユニセフへの寄付、ANAマイレージへの交換が可能です。貯まったポイントは500ポイントごとに交換が可能で、例えば500ポイントですと5,000円分の薬日本堂商品割引券がもらえます。入会すると、薬日本堂での1,000円の買い物割引券がもらえます。、また、カード到着後3ヶ月以内の利用額に応じてJデポがプレゼントされるのも嬉しい特典です。初年度の年会費は無料ですが、次年度からは1,575円かかりますが、旅行傷害保険の付帯サービスなどもついているので、健康を気遣う方や旅行好きの方、ポイントを貯めたい方にはおススメのカードです。
セブンカード セブンカードとは、セブン&アイ・ホールディングスが発行しているクレジットカードです。こちらのカードは、専業主婦やパート・アルバイト、派遣社員の方でも申し込むことが出来る、女性に人に優しいカードです。コンビニのセブンイレブンやイトーヨーカドーでポイントが貯まり、割引優待も受けられます。1ポイント1円相当で、イトーヨーカドーでは現金代わりに利用できます。またnanacoへのポイント交換できますので、セブンイレブンでも現金代わりに利用できることになります。セブン&アイ・ホールディングス発行ですので、イトーヨーカドー、セブンイレブンはもちろん系列の店舗での割引やポイント優待が最大の特徴で、8のつく日は食料品、衣料品などが5%割引になりますし、全国的にポイント優待を受けることができます。年会費は初年度は無料ですが、次年度からは500円かかります。但し、前年度のクレジットショッピング支払合計が5万円以上であれば次年度も年会費が無料となります。入会されると、1000ポイントがプレゼントされるのも嬉しいですね。で、何が女性向きかというと、やはり専業主婦の方もカードが作れるということと、スーパーのイトーヨーカドーと店舗数日本一セブンイレブンでの優待が主婦層に人気の秘密のようです。
イオンカード 毎日の買い物は近くのスーパーに行きますが、週1回ほどは車で20分ほど走らせてイオンに買い物行きます。イオンに行く度にイオンカードを作ろうかと思い悩みますが、週1回程の利用なのでどうしても今一歩踏み出せないでいます(ちっと大げさでしょうか)。たまたま買い物に行った日が20日、30日のときは5%OFFなので、沢山買うときなどはやっぱりカードを作ろうかなと思ってしまいます。不景気の世の中、家計をあずかる主婦の方には5%OFFは大きいですよね。5のつく日はポイントも2倍になりますし、そのほかにも買い物での特典もたくさんあるようですから、本当に女性特に主婦にとっては魅力的なカードといえるのではないでしょうか。ショッピング保険50万円も付帯しているので、万一破損しても補償してくれるのは安心ですが、旅行傷害保険は付帯していません。年会費は初年度も次年度も無料。ポイントは200円ごとに1ポイントで1000ポイント以上でカタログの商品と交換できますが、他にもWAON、Suica、マイレージへの交換や寄付などへの利用も可能です。都市中心部に住んでいる方には、利用できる店舗が多いと思いますので、使い勝手のよいカードだと思います。
楽天カード ネットショップが大好きな方には特におススメのカードではないでしょうか。カード名のとおり楽天市場での買い物には優れたカードですね。楽天市場で買い物をするとポイント2倍で、毎週土曜日は3倍のポイントが付きます。ポイントは100円で1ポイントですから、楽天市場で買い物をすると2ポイント付き、ポイントは楽天市場での買い物に利用できますので、これはカード作成の大きなポイントですね。特に楽天市場で利用できるのは女性には強い見方ではないでしょうか。加盟レストランの食事は10%のポイントが付くのは女子会を計画している方に是非おススメしたいカードです。年会費は永久無料ですが、ETCカードを作った場合は、年会費500円がかかります。国内旅行はありませんが海外旅行傷害保険が付帯されているので、旅行好きの方には嬉しいサービスです。国内旅行にも傷害保険が付いているといいんですが、ここがチョット残念かなと思います。なぜなら、歳をとると海外旅行よりだんだん国内旅行に移行していくんですね。やっぱり若いときと比べてアクティブに動けないんですね。悲しいですがこれが現実ですね。ショッピングモールの楽天が発行していることもあり、ネット不正あんしん制度のオンラインプロテクションがしっかりしているのが特長です。