発行会社の系列の違い

クレジットカード発行会社 誰もが一枚は持っているクレジットカードは発行している会社の数もかなりのものになっています。カード会社が独自に発行しているものもあればライセンス契約した企業が自社の名前をつけたカードを発行していたりとその種類は非常に様々で、その中から自分の生活スタイルにあったものを探せば普段の生活をより良いものにする事が出来ます。なのでクレジットカードを発行するときは自分に合ったものをしっかり探し出すようにしましょう。クレジットカードの発行会社の違いはクレジットカードの限度額や年会費、利用できる店舗にサービス内容など様々な要素として現れます。例えば三菱東京UFJ銀行が三井住友VISAカードなど銀行や銀行が関連している企業が発行したカードならばローンの組み立てやATMの使用手数料など銀行関連の割引が行われるので自分が使っているメインバンクに関連のあるクレジットカードを所有しておけばカードによる利便性のアップのみならず銀行の利用もよりお得かつ便利になることでしょう。この他にもクレジットカードの発行会社には様々な種類があるので自分の生活スタイルに合わせて利用する事が出来るクレジットカードはなるべく複数枚持っておいたほうが良いでしょう。
発行会社の系列の違い クレジットカードは発行会社を元にいくつかの系列に分ける事が出来ます。例えば銀行や銀国になんらかの関係がある企業が発行しているクレジットカードなら銀行系カード、信販系業務を行なっている企業が発行したカードなら信販系、デパートやスーパーなどを経営している企業なら流通系といった具合にクレジットカード発行会社を分ける事が出来るので、これからカードを始めて持つという方や複数のカードを持とうとお考えの方はそうした系列にも注目しつつクレジットカードを選ぶようにしましょう。クレジットカードの系列の違いは色々な形でカードの違いとなって表れます。例えばダイナースクラブが発行しているクレジットカードは日本国内では高級レストランやブティックでしか利用する事が出来ませんが限度額は非常に高く、大きなお買い物をする際には非常に役立ちます。対してイオングループで発行しているクレジットカードはイオン系列のスーパーなどで利用することで多くのポイントをゲットする事が出来たり割引が利用できたりと日々の暮らしを助けるサービスを多く利用する事が出来ますが、限度額はダイナースクラブのカードよりも少なくなっています。このような違いが発行会社の系列によっていろいろ表れるのでカードを発行するときは注意しましょう。
三井住友VISAカード 三井住友銀行で発行されている三井住友VISAカードはいわゆる銀行系クレジットカードに分類されるカードです。そのため利用できる特典の多くは銀行にまつわるものになっており、メインバンクが三井住友銀行ならばそれらの特典をフルに活用する事が出来るでしょう。その他にも三井住友VISAカードにはライセンス契約を結んでいるVISAカードの特徴も備わっているので、銀行で利用する以外でも様々な場面で活躍するカードとして大いに役立てる事が出来ます。VISAカードは世界でも数種類しかない世界各国で利用できる国際ブランドのクレジットカードの一つです。そのため海外旅行に行った時でもVISAカードを利用することで現地の通貨を利用しなくてもお買い物を楽しむ事が出来ます。さらに三井住友で発行されているカードにはいくつかの種類があり、女性専用のアミティエカード、海外出張が多いビジネスマン向けのエグゼクティブカードなど様々な所有者に合わせたカードを発行しているので自分に合ったカードを持ちたいという方にはもってこいです。三井住友をメインバンクとして利用している方はもちろんそれ以外の方にもオススメできるカードが揃っているのでこれからカードを発行する予定という方はぜひ一枚三井住友VISAカードを所有してみてはいかがでしょうか。
イオンカード クレジットカードを発行している企業は色々ありますが、いわゆる流通系の企業が発行しているクレジットカードは普段のお買い物などに非常に使いやすいカードが揃っています。スーパーマーケットなどでおなじみのイオンで発行しているイオンカードはそうした流通系クレジットカードの中でも多くの利用者がいるカードで、日々のお買い物をイオングループに関連するお店で行なう事が多いという方はイオンカードを持っていると割引やポイント還元などをどんどん活用する事が出来るので、家計の節約にも大いに役立ちます。イオンカードはその名の通りイオンに関連する企業で利用することで多くの特典を利用する事が出来ます。商品の割引やポイントの加算などイオンでカードを利用した際に安く商品を買う事が出来る基本的な特典に加え、カードの種類によって電子マネーのWAONを利用できる機能やイオン以外の店舗でも様々な特典が利用できるようになったりと普段利用する店舗に合わせてカードを発行することでさらに生活費の削減を行なう事が出来たりお買い物をより手軽に行えるようになるなど多くのメリットが生まれるので、普段イオン系列のお店を利用するという方はイオンカードをぜひ手元に置いてください。
ライフカード クレジットカードを発行している会社の中でもライフカードが発行しているカードはポイントに多くの力を入れていることで知られています。クレジットカードを利用する際にポイントを加算して溜まった分だけ何かしらの商品に交換する事が出来るシステムは他の企業でも取り入れられている制度ですが、ライフカードはより多くのポイントを獲得できる制度を多く設けることでお得感をアピールしています。普段カードを利用してお買い物をする事が多いという方はライフカードをメインカードにすることで多くのポイントをゲットする事が出来るでしょう。ライフカードの特徴である多くのポイントが加算されるサービスは特に誕生付きのポイントサービスが有名です。誕生月にカードを利用することでポイントが5倍にもなるという他のカード会社では行なっていない非常に大きなボーナス制度で、この制度を利用するためだけにライフカードをサブカードとして利用している方もいるくらいです。もちろんそれ以外のサービスも多く、インターネット通販を利用した際のポイント加算や年間利用料に合わせたポイントサービスや電子マネー機能、機能以外の変わった特徴として利用金額の一部を坂本龍馬関連の施設の寄付にあてる龍馬カードといった一風変わったカードの発行を行なったりと他社には無い多くの魅力を備えています。
セブンカード クレジットカードを発行している会社はカードを専門に扱っている企業だけではなく、それ以外の事業をメインに行っている企業も多く発行しています。今では日本中に店舗に店舗があるセブンイレブンでお馴染みのセブン&アイが発行しているセブンカードは普段セブンイレブンを利用する方にはこの上なく役立つクレジットカードです。もちろんセブンイレブン以外の様々な店舗で利用する事が出来、イトーヨーカドー、デニーズ、西武などで利用する事が出来るのでそれらの店舗を利用しているという方は普段よりもお得なお買い物やお食事を楽しむ事が出来るでしょう。セブンカードは他の流通系カードのようにセブン&アイに関連する企業で利用することで多くのポイントを手に入れる事が出来たり、商品の割引などを活用する事が出来ます。さらにセブン&アイの電子マネーであるnanacoとの連携も特徴の一つで、セブンカードを利用して得たポイントをnanakoのポイントに移動する事が出来たり、カードそのものにnanacoの機能を組み込んだ一体化カードを発行していたりもするので、普段セブンイレブンを多く利用するという方には特にオススメのサービスです。もし利用する機会が多い店舗がある方はぜひ御利用ください。
ANAカード クレジットカードを利用する際は使用する目的に応じてカードを変えるのがポイントです。クレジットカードを発行している企業によってカードのサービス内容は大きく異なり、よりお得なサービスを利用できるポイントがそれぞれ異なるのでカードの使いどころを間違えるとせっかくのサービスもムダになってしまいます。航空会社のANAが発行しているクレジットカードのANAカードもそういった特典を多く備えているカードの一つで、ANAの飛行機を利用する際にANAカードを持っていれば非常に多くの特典を利用する事が出来るでしょう。ANAカードは誰もが知っている航空会社の一つであるANAが発行しているだけあってサービス内容も飛行機関連のものが充実しています。その最たる例がカードを利用することによってどんどん貯まっていくマイルでしょう。ANA便を利用した際にボーナスマイルが割り増しされるのはもちろん、普段の暮らしでカードを利用することでもマイルがプラスされていくので、ANAカードをメインカードとして利用すればかなりの量のマイルを稼ぐ事が出来るでしょう。貯まったマイルは航空券の購入費やマイル専用のショッピングサイトで利用したりなど様々な使い道に利用する事が出来るので、ANAを良く使うという方は是非ANAカードを手元に置いてください。
楽天カード インターネットが一般家庭にも広く普及するようになってからインターネットショッピングを行なう方が急激に増加し、今では有名なネットショッピングサイトのアクセス数は一日に数百万にも上るといわれています。そんなネットショップの一つである楽天市場を運営している楽天グループが発行しているカードが楽天カードです。IT関連の事業を中心に行なっているだけあって楽天カードのサービス内容もそれに根ざしたものが多く、インターネットを様々な形で利用しているという方にはぴったりなカードになっています。楽天カードを利用するべきタイミングといえばやはり楽天市場を利用する時でしょう。JCB加盟店などで利用した場合は代金の1%分が楽天スーパーポイントとして貯まるのに対して、楽天市場のお買い物を楽天カードで行なった場合は2%分のポイントを貯める事が出来ますし、頻繁にポイントを倍増できるキャンペーンも実施されており、通常の3倍から10倍ものポイントを手に入れることも可能です。もちろん楽天市場以外でも楽天が行っている事業に関連する何かでカードを利用しても多くのポイントを得る事が出来たり様々な特典を利用する事が出来るのでインターネットをご利用される方はぜひ楽天カードをご利用ください。
コスモ石油カード クレジットカードを発行している企業は実に様々で、中には石油会社も専用のクレジットカードを発行しています。コスモ石油で発行されているカードはイオンクレジットサービスとの提携を結んで発行したコスモ・ザ・カード・オーパスとコスモ石油サービスステーションで利用する事が出来るコスモ・ザ・カード・ハウスの2種類を基本としており、コスモ石油での給油の割引などに役立てる事が出来ます。コスモ石油のカードは当然ながらコスモ石油サービスステーションで利用する時に一番特典を利用する事が出来ます。コスモ石油は他の石油会社が発行しているクレジットカードよりも給油時の割引のサービスをより手厚くすることによって差別化しているようで、他企業よりもはるかに高い値引き額でガソリンを給油する事が出来ます。その他にもETC機能付きのカードの場合はマイルをより多く貯める事が出来たり、イオンの電子マネーサービスであるWAONの機能を搭載したクレジットカードもあるのでイオングループが経営している店舗で利用することでより多くのポイントを得ることが可能だったりと様々な場面で役立ってくれるクレジットカードなので車をお持ちの方は一枚はコスモ石油カードを初めとする石油系クレジットカードを持っておいたほうが良いでしょう。
三菱UFJニコス 現在日本では様々な会社がクレジットカードを発行していますが、それぞれ独自の特徴やサービスを備えており、使い方によってより得をすることも出来ればその逆の結果になることもあります。三菱UFJニコスは吸収合併の末NICOSカード、UFJカード、DCカードMUFGカードの4種類のブランドを抱える事となった数あるクレジットカード発行会社の中でもトップクラスの規模を誇るカード会社で、様々な場面で活用する事が出来るクレジットカードを手に入れる事が出来ます。三菱UFJニコスの一番の魅力はなんといっても提携企業の多さでしょう。過去に行なわれた吸収合併によって大きく提携企業が増加した分特典の恩恵を受ける事が出来る店舗も増加したため、より多く得点の恩恵を受ける事ができるようになりました。発行しているクレジットカード自体も多くの種類があり、それぞれ特定の条件で生かす事が出来る特典が付いているのでどのようにカードを利用したいかによって発行するカードを選べばより上手にカードを利用する事が出来るようになるでしょう。メインカードはもちろんサブカードとしての人気も高いのでぜひ一枚三菱UFJニコスのクレジットカードを手に入れてみてはいかがでしょうか。

電子マネーとは記事一覧

電子マネーとは皆さんは電子マネーを利用したことはありますか?電子マネーは少し前から使われ始めた新しい支払い方法の一つで、少しずつ利用する事が出来る店舗も数を増やし始め、多くの企業が電子マネーの発行を開始したり、電子マネー機能が使えるクレジットカードや携帯電話などを発表して、電子マネーをより広く普及させるために様々な活動を行なっています。まだ電子マネーを利用した事がないという方はぜひ一度利用してみて...