デビットカードって何だろう?クレジットカードと何が違うの?

 

クレジットカードといえばお買い物の代金を一時的にカード会社に肩代わりしてもらって後日まとめてお金をカード会社に支払うカードですが、
それとよく似たカードにデビッドカードがあります。
こちらもお買い物の際に現金を使わずにお買い物ができるカードで利用されている方もいるかと思いますが、
クレジットカードとデビッドカードとの具体的な違いについては皆さんはご存知でしょうか。

 

クレジットカードとデビットカードの一番の違いは支払い方法にあります。
クレジットカードは指定されている日にまとめて代金を支払うのに対しデビッドカードは自分の銀行預金からすぐに使用した代金が引き落とされるようになっています。そのためデビッドカードは利用時間が限定されてしまいますし、クレジットカードのように現在の預金以上のお買い物をする事が出来なくなっています。
またカード利用時の特典などもクレジットカードのほうが豪華という話もあるので、クレジットカードのほうが利用者が多いようです。
しかしクレジットカードの使いすぎによる破産などの事例もあるので、そういったトラブルに見舞われる事が無いという点では
デビッドカードのほうが安全性が高いといえるかもしれません。

 

>>>クレジットカードのおすすめ情報はこちら