不足分の準備方法

 

 

老後に備えて個人年金保険に加入する方が増えてきています。将来のお金が不足すると、国からの年金だけでは生活できないのが現実です。そのために45歳から将来の向けての準備金を用意すると良いと言われています。目標は約3000万円で、これも不可能ではないのです。この準備金を用意する柱となるのか4つあります。1つは、勤めていた会社からの退職金や企業年金です。最近は、自分が会社を去った後のお金を計算したことがない人が半数以上だそうです。50歳代の平均でも、計算していない人がほとんどなのです。実際に辞めたときにいくらになるかはまだ計算しなくても良いが、今の制度でいくらもらえそうかについてはきちんと把握しておくのがおすすめです。2つ目は、有価証券や預貯金で自分自身で貯めることです。どんな方法でもいいので、お金を増やしておくことが、老後のために生きていく財産となります。3つ目は、個人年金保険や各種制度で自分自身で貯蓄する方法です。民間の保険会社や国が提供しているあらゆるな制度を活用して老後資金準備を行うことができますので、内容をリサーチしたり比較しながら、将来の生活が困らないように今後の蓄えに活用しましょう。

 

 

 

>>>クレジットカードのおすすめ情報はこちら