介護保険とは

 

 

要介護認定を受けた要介護者を保障する保険に介護保険があります。
これには公的なものと民間のものの2種類あります。
公的なものは政府が運用する保険で、、要介護者が介護サービスやカゴ敷設を利用する時に
自己負担金を減免する保険ですので、性質としては健康保険に似ていると言えます。
しかし現実的には、要介護者には働いて得る収入減が非常に限られており、そのため手取り収入は
少なくなる傾向があります。
そのような経済状況で自己負担金を支払うの困難ですし、自宅で介護しようと思えば、自宅の
リフォームが必要になる場合があります。
また被保険者になるためには年齢制限が定められており、若年時には保険が適用されない場合があります。
こうした時、役に立つものが民間の保険です。
これには要介護認定を受けた時点で受け取れる一時金と、終身保障期間となる年金を受け取れるものがあり、
前者の一時金はリフォームに利用可能ですし、後者の年金は生活費の他に介護施設や、介護サービスを
受ける時の自己負担金にも利用できます。
また民間のものは年齢制限が低く設定されており、若年層の万一の場合にも備えている特徴があります。
このように民間の保険は生きていく上で少しでも快適に過ごす事を目的とした保険と言えます。

 

 

 

 

>>>クレジットカードのおすすめ情報はこちら

介護保険とは記事一覧

厚生労働省の統計によると、要介護認定者数は2000(平成12)年4月時点で約218万人だったのに対し、2012(平成24)年4月の時点では約533万人となっており、12年間で人数が約2.44倍に膨れ上がっています。では、要介護度別認定者数はどのように推移しているでしょうか。2000(平成12)年4月時点の要介護度別の認定者数は、要介護5が29.0万人、要介護4が33.9万人、要介護3が31.7万人...

高齢化社会が進む日本では、介護が当たり前になっていますが、自分や身近な家族などが要介護状態になったとき、かかる初期費用はどれくらいかご存知の方は少ないようです。介護保険制度があるから大丈夫だろうと思ったら大間違いなのです。平成24年度の「生命保険に関する全国実態調査」によると、その初期費用は何と262万円にものぼるといいます。当事者の介護状態にもよりますが、自宅の増改築や車椅子、介護ベッドの購入な...

高齢化社会が進む現代日本、今後団塊の世代が現役を引退し、高齢者が一気に増加することも懸念されています。そんな中、様々な高齢者向けビジネスが登場、躍進を続けています。高齢者向けサービスといえば、老人ホームなどの介護支援事業です。介護保険制度が確立し、多くのサービスを1割負担で受けられるようになりましたが、実際、要介護状態になった際の月々の平均額はどれくらいなのでしょうか。「平成18年度生命保険に関す...

公的介護保険は殆どが、60歳以下には適用されません。なので障害基礎年金が支給されるようになってから介護認定を受け、その介護度に従い介護サービスを受けることとなります。その場合でも一割の負担が課せられます。ですので若くして事故などで介護が必要になった場合介護サービスを受けるのには全て実費ということになります。更に、介護が必要になった人が生活を支えている人ならばその家族が暮らしていくための生活費はどう...

現代の日本は高齢者社会と言われる程、高齢者の割合が増えて来ています。少子化や医療の進化に伴い、高齢者の割合が高まる事は昔から予測されていましたが、将来的にはさらに割合は増えて行くと予想されています。そんな現代の日本で非常に重要な役割を果たしている保険が介護保険で、公的介護保険は非常に重要な保険制度の一つです。高齢社会に伴い、高齢者達が被保険者として現役世代と同様の負担を求める事で財政の安定を計る事...

日本では世界でも類を見ないほど高齢化が進んでいます。平均寿命が延びるということは非常に喜ばしいことではありますが、高齢化が進むことによって避けては通れない介護という問題はこれからの日本の社会全体の課題となっています。どんなに健康な高齢者であっても、いつまでも若い状態を保っていられるわけではありません。若いときとは異なり、身体的に不自由な部分が現れてしまうのは避けようのない事実です。本来であれば高齢...

要介護認定とは、寝たきりの状態や自主で日常生活を送ることが困難または不可能な場合、常に誰かの介護が必要な場合のように被認定者が要介護状態になった場合、介護サービスを受けられる制度です。市町村(役所)に申請をしたら、介護認定審査会の人が採用の有無、もし採用となれば、どうの程度の介護が必要で支援はどれくらい必要かを判断します。結果と共に、市町村から認定の通知とともに介護保険被保険証が郵送されます。交付...

まずは市町村(役所)に申請します。申請を行う人は、本人や家族以外にも近くの居宅介護支援業者や地域包括支援センターの人でも可能なので状況に応じて申請します。申請を受けた市町村側ではまず、申請者がどのような介護が必要で期間はどれくらいがいいかなどの判断をしなくてはいけないので申請者の自宅もしくは入院している場合は入院先等に訪れて調査を行います。それと一緒に必要になるのが申請者の主治医の診断書のような主...

自分の両親が病気や認知症などで介護が必要になった時に加入するのが介護保険です。多くのひとが利用したいデイサービスや介護施設サービスが自己負担1割で利用できます。しかし、介護保険は医療保険のように役所の窓口で申請すれば受けられる保険ではないのです。市町村に要介護認定の申請をして、要支援1〜5や要介護1や2などいずれかに認定されなければならないのです。要介護認定とは、介護の手間を測る基準です。よく言わ...