要介護状態となった場合の月々の費用

 

 

高齢化社会が進む現代日本、今後団塊の世代が現役を引退し、高齢者が一気に増加することも懸念されています。
そんな中、様々な高齢者向けビジネスが登場、躍進を続けています。
高齢者向けサービスといえば、老人ホームなどの介護支援事業です。介護保険制度が確立し、多くのサービスを1割負担で受けられるようになりましたが、実際、要介護状態になった際の月々の平均額はどれくらいなのでしょうか。
「平成18年度生命保険に関する全国実態調査」によると、月々の費用は19.0万円にもなるといいます。最も多いのが10万から15万円未満で26.7%です。しかも、介護される当事者だけでなく、介護をする側の問題も発生します。働き盛りで介護のための職を辞さなければならない人が多いのです。平成13から14年の総務省の調査によると男性は21800人、女性になると何と105700人もの人が、介護を理由に仕事を退職しているといいます。
それに必要介護期間の平均は170.8ヶ月、つまり14年3ヶ月にもなるのです。これをザッと計算すると3245万円もの介護費用が必要になるというのです。ちまり、いざ身内などが介護を必要となったときに備えて、日頃から貯蓄しておく必要があるのです

 

 

 

 

 

>>>クレジットカードのおすすめ情報はこちら

要介護状態となった場合の月々の費用関連ページ

要介護度別認定者数の推移
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
要介護状態となった場合の初期費用
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
民間介護保険の仕組み
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
公的介護保険のシステム
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
民間介護保険と公的介護保険の違い
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
要介護認定とは
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
認定までの流れ
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
基準とランク
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?