認定までの流れ

 

 

まずは市町村(役所)に申請します。申請を行う人は、本人や家族以外にも近くの居宅介護支援業者や地域包括支援センターの人でも可能なので状況に応じて申請します。
申請を受けた市町村側ではまず、申請者がどのような介護が必要で期間はどれくらいがいいかなどの判断をしなくてはいけないので申請者の自宅もしくは入院している場合は入院先等に訪れて調査を行います。それと一緒に必要になるのが申請者の主治医の診断書のような主治医意見書が必要となります。主治医意見書は市町村側が主治医に依頼してくれるので申請者側は用意しなくても大丈夫です。調査結果と主治医意見書の2つが1次判定となります。
この書類が揃うと5名以上で構成される介護認定審査会が行われます。ここで先程、お話した1次判定結果を総合的に判断し要介護度と介護有効期間が最終決定します。
そこ出た結果を市町村から結果を市町村側から申請者に通知されます。この通知と一緒に介護保険被保険証が送付されます。この保険証に結果も記載されます。結果が出るまでは原則30日以内には分かります。その制度の利用料は1割負担です。
もし、この介護制度が不要と判断された場合でも、保険・福祉サービスが利用できます。

 

 

 

 

>>>クレジットカードのおすすめ情報はこちら

認定までの流れ関連ページ

要介護度別認定者数の推移
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
要介護状態となった場合の初期費用
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
要介護状態となった場合の月々の費用
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
民間介護保険の仕組み
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
公的介護保険のシステム
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
民間介護保険と公的介護保険の違い
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
要介護認定とは
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
基準とランク
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?