基準とランク

 

 

自分の両親が病気や認知症などで介護が必要になった時に加入するのが介護保険です。多くのひとが利用したいデイサービスや介護施設サービスが自己負担1割で利用できます。しかし、介護保険は医療保険のように役所の窓口で申請すれば受けられる保険ではないのです。市町村に要介護認定の申請をして、要支援1〜5や要介護1や2などいずれかに認定されなければならないのです。要介護認定とは、介護の手間を測る基準です。よく言われている認定ランクが高ければ高いほど、介護の必要性が高く使えるサービスの幅も増えるのです。 要介護1レベル以上なら、特別養護老人ホームなど介護サービス施設への入ることも可能となっているのですが、要介護認定の受け方はそれぞれなので、サービスが使えなかったり、利用できるサービス幅が減るケースもあります。また、5年前の2009年4月からこの要介護認定の調査が変わりました。前の認定内容よりも軽度だけれども、認定される人の割合が高くなることが明らかとなってきています。なので、両親の様子をじっくりと観察しながら、家族全員で上手な認定の受け方を押さえておくべきことが必要です。1次判定2次判定を終えて最終的な認定ランクが決定します。損することがないように、要介護の内容やサービスについて調べることを推奨します。

 

 

 

 

>>>クレジットカードのおすすめ情報はこちら

基準とランク関連ページ

要介護度別認定者数の推移
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
要介護状態となった場合の初期費用
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
要介護状態となった場合の月々の費用
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
民間介護保険の仕組み
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
公的介護保険のシステム
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
民間介護保険と公的介護保険の違い
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
要介護認定とは
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
認定までの流れ
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?