民間介護保険の仕組み

 

 

公的介護保険は殆どが、60歳以下には適用されません。なので障害基礎年金が支給されるようになってから介護認定を受け、その介護度に従い介護サービスを受けることとなります。その場合でも一割の負担が課せられます。ですので若くして事故などで介護が必要になった場合介護サービスを受けるのには全て実費ということになります。更に、介護が必要になった人が生活を支えている人ならばその家族が暮らしていくための生活費はどうすればよいのでしょう。民間の保険会社ではそんな、「もしも」の為に備えた保険が考えだされています。民間介護保険は家を改築してバリアフリーにする、あるいは当面の暮らしに支障が出ないようにまとまったお金が支払われ、その後の生活を補助出来るように継続してお金が支払われるようになっています。もらい方も個人でいろいろ選択できるようになっているのです。介護状態と認定されるのもそれぞれの保険会社で基準があり、公的な機関の認定基準と全て同じというわけではありません。今は、必要のなくなった補償を削ったりして、年齢とともに変化する保険となっているので昔よりはるかに身の丈に合った補償を設計できる時代となってきました。

 

 

 

 

 

>>>クレジットカードのおすすめ情報はこちら

民間介護保険の仕組み関連ページ

要介護度別認定者数の推移
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
要介護状態となった場合の初期費用
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
要介護状態となった場合の月々の費用
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
公的介護保険のシステム
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
民間介護保険と公的介護保険の違い
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
要介護認定とは
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
認定までの流れ
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
基準とランク
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?