要介護状態となった場合の初期費用

 

 

高齢化社会が進む日本では、介護が当たり前になっていますが、自分や身近な家族などが要介護状態になったとき、かかる初期費用はどれくらいかご存知の方は少ないようです。
介護保険制度があるから大丈夫だろうと思ったら大間違いなのです。平成24年度の「生命保険に関する全国実態調査」によると、その初期費用は何と262万円にものぼるといいます。
当事者の介護状態にもよりますが、自宅の増改築や車椅子、介護ベッドの購入などを計上すると、これくらいの値段になってしまうのです。月々かかる介護の費用の平均は17.2万円、さらに介護にかかる総額は3028万円にものぼるといいます。
貯蓄があるなら問題はありませんが、そうでないなら将来、自分や自分の身近な家族に介護が必要になったときに備えて、貯蓄や投資をする必要があります。
それには、民間の保険会社の介護保険という手があります。政府の介護保険とは違って40歳未満でも加入できますし、介護が必要になった際に現金で支給されるので安心、しかも当事者が介護状態になったら支払いは免除されるなど様々な特典があります。
多くの保険会社から様々な特徴のある介護保険が販売されているので、興味のある方はホームページなどで確認するのがいいでしょう。

 

 

 

 

 

>>>クレジットカードのおすすめ情報はこちら

要介護状態となった場合の初期費用関連ページ

要介護度別認定者数の推移
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
要介護状態となった場合の月々の費用
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
民間介護保険の仕組み
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
公的介護保険のシステム
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
民間介護保険と公的介護保険の違い
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
要介護認定とは
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
認定までの流れ
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
基準とランク
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?