個人年金保険の給付期間について

 

 

日々、年金に関するニュースはよく目にする事が多くなり、選挙の公約でも掲げられる程日本国民の興味をひくテーマの一つになっています。公的年金だけでは将来への不安が取り除かれず、私的年金等も含めて検討している人も増えて来ました。そんな日本に存在している各種年金の中でも個人年金保険商品にもいくつかの種類が有ります。
個人年金の種類には年金の給付期間によっても変わって来ます。年金の給付期間が決まっているもので有期年金と確定年金があります。有期年金とは10年や15年等支払い期間を定め被保険者の生存を証券として年金が支払われるもので、確定年金とは被保険者の生死に関わらず年金が支払われ、死亡した際には遺族に年金が支払われるシステムになっています。そして、年金の支払い期間が終身の終身年金もあり、被保険者が生存している限り一生涯年金が支払われる事になります。個人年金といってもいくつか種類があり、契約者それぞれの目的に合った年金を選択する事が出来ますので、自分に最適な年金商品を選択する事をお勧めします。上記以外の個人年金であ、夫婦年金や変額年金保険等という商品もありますので、選択出来る幅は非常に広い商品になります。

 

 

 

>>>クレジットカードのおすすめ情報はこちら

個人年金保険の給付期間について記事一覧

退職後に安定した生活を送るれるよう国民年金などの公的年金以外に、生命保険会社などと個人で契約を結ぶ個人年金保険に入られることを考えておられる方も多いと思います。個人年金保険とは簡単にいえば、毎月積み立てをし満期後に保険料を何年かで分割で受け取るもので貯蓄性があるものです。個人年金保険に入る大きな目的の一つは、現在60〜65歳である国民年金や厚生年金などの公的年金の支給が開始されるまでの期間を埋める...

公的年金に加入していても、自営業者や専業主婦のように基礎年金部分の支払いしか行っていない場合、将来年金が受け取れる段階で、毎月受け取れる金額は微々たる物です。基礎年金だけでは毎月の生活費に満たないため、今からできる予防策として有効なのが個人年金保険です。これは、保険料を支払い、60歳で定年を迎えて公的年金を受給する65歳までの空白期間を穴埋めするために用いられることの多い保険で、給付期間を終身タイ...

個人年金保険に加入する時に給付金額はもちろん、何歳から給付開始を受けるかもポイントになります。この時に目安となるのが公的年金の受給年齢です。現在の制度では老齢基礎年金と老齢厚生年金は65歳からです。60歳からは特別支給の報酬比例分の老齢基礎年金ですが、これも生年月日により異なります。純粋に受給できるのは65歳からと考えるのが無難です。しかし、今後の制度設計の変更の中では70歳近くになることも予測さ...

個人年金保険の選び方では終身型と確定型などの年金支給期間の違いの他に、受け取ることができる年金額が変わるタイプがあります。年金額が変動するタイプを変額年金、定額で変わらないのが定額年金で、契約であらかじめ決められた予定利率で運用され、受給開始年齢に合わせて受け取ることができます。また、定額年金の中には逓増型もあり、若干保険料は高くなるものの、上乗せされるタイプで定額年金と同様に将来の年金額が見える...

個人年金保険は年末調整や確定申告の際に控除を受けることができます。一般の生命保険とは別の枠であるため、死亡保障の生命保険と医療保険に加入している方は3つの控除枠で受けることができます。これは税金の控除のケースですが、年金の受取には雑所得として課税の対象になります。受け取る年金額から払い込みの保険料を控除した額が雑所得の対象となり、毎年かかるものとなります。公的年金の場合は所得控除が適用されますが、...

税金には様々な種類があります。その中でも、個人によく関係してくる税率として、「贈与税」と「所得税」があります。贈与については暦年課税というものがベースにあります。これは、毎年110万円までの贈与については非課税となるものです。これを超えた額を贈与した場合は、贈与額により税率が異なります。200万円以下の税率10%から、1000万円超の税率50%まで6段階の税率があります。基礎控除となる110万円を...

今の時代、公的年金だけでは老後の生活を支えていくことができないと思い、個人的に民間の個人年金保険を積み立てている方が殆どでしょう。しかし、いざ、長い間積み立ててきた後、年金の受取時点でトラブルに見舞われることも少なくありません。契約をする時に契約者と被保険者、受取人が一緒ならば問題はないといえます。かかる税金は所得税のみで雑所得として計算されます。しかしそうでない場合、受取人が契約した本人と違う場...

現在、多くの人が何かしらの保険と呼ばれる商品に加入する事で将来起こりえる可能性のある事に対しての、保険をかけている事が多いと思います。そして近年その保険に関する商品も多岐渡る様になり、いくつかの保険に平行して加入している事も少なくありません。しかし、その保険料に関して月々の支払い等に関して明確に把握しているでしょうか。会社員であれば年末に行われる年末調整で保険料控除額を知る事ができる機会ですが、各...

個人年金保険料控除は、1年間に支払った個人年金保険料の一部を、控除額として所得税から差し引くことが出来る制度です。これによって、所得税と住民税を毎年軽減することが出来ます。収入が多いほど、軽減額の合計も多くなり、効果が高くなっています。大変お得な制度ですが、控除を受けるためには、満たすべき要件が4点あります。個人年金保険料控除は、個人年金保険が老後の生活を守るための保険であるということから、税金を...