贈与税と所得税の税率の違い

 

 

税金には様々な種類があります。
その中でも、個人によく関係してくる税率として、「贈与税」と「所得税」があります。

 

贈与については暦年課税というものがベースにあります。
これは、毎年110万円までの贈与については非課税となるものです。
これを超えた額を贈与した場合は、贈与額により税率が異なります。
200万円以下の税率10%から、1000万円超の税率50%まで6段階の税率があります。
基礎控除となる110万円を差し引いた後の金額に各税率をかけることとなりますが、200万円を超える贈与額のそれぞれの段階でさらに控除額がプラスされます。
例えば、贈与額600万円以下では、基礎控除の110万円+65万円が控除され、それに税率の30%をかけたものが税額となります。

 

一方で所得税では、課税される所得額に対して、5%から40%までの6段階の税率があります。
所得額の区分は、最低が195万円以下で最高が1800万円超です。
所得税においても、最低の195万円以下の段階以外は、それぞれの区分で控除額が設けられています。
例えば、課税される所得額330万円を超え695万円以下では、427,500円を差し引いた残りに税率の20%をかけたものが税額となります。

 

いずれも計算方法としてはそれほど難しいものではないため、比較的簡単に税額を求めることができます。

 

 

 

 

 

 

>>>クレジットカードのおすすめ情報はこちら

贈与税と所得税の税率の違い関連ページ

給付期間は公的年金次第?
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
夫婦で給付期間は変える?
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
給付開始年齢を考える
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
変額年金と定額年金の違い
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
個人年金保険と税金の関係
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
契約者と受取人の違いと税金
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
保険料控除について
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
個人年金保険料控除を受けるための条件
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?