国民年"すべての国民は20歳以上になると年金を支払わなくてはなりません。もちろん20歳になればすぐに支払わなければならないということではないのですが。例えば20歳から就職したとして、縁があってその職場で定年を迎える60歳までの40年間勤務したとします。 普通の企業なら健康保険、雇用保険、介護保険、厚生年金保険(もしくは共済年金保険)がその企業の管理下で国に支払われ、将来自分の老後の生活を支えていくための年金を40年間積み立てていくことになります。この制度は社会保障制度といわれ、転職したりしても再就職先で必ず再加入していきます。そのため個人には年金番号というものが与えられ、社会保険事務所では個人がどのくらいの期間それを積み立ててきたかわかるようになっています。一般に厚生年金保険の中には国民年金保険と呼ばれるものが含まれていて、その中身は老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金とされています。この年金保険は、実は国民が満65歳から支払われるので60歳で定年退職すると65歳までの間、働かなくては収入が途絶えることとなり、定年後の生活に頭を悩ます方が多いのが現実です。しかも40年間支払い続けた結果、65歳からようやく支払われる年金額も年間でいうと80万円未満といわれ、老人一人当たり、ひと月66000程度の支払額となります。"金

 

 

 

すべての国民は20歳以上になると年金を支払わなくてはなりません。もちろん20歳になればすぐに支払わなければならないということではないのですが。例えば20歳から就職したとして、縁があってその職場で定年を迎える60歳までの40年間勤務したとします。
普通の企業なら健康保険、雇用保険、介護保険、厚生年金保険(もしくは共済年金保険)がその企業の管理下で国に支払われ、将来自分の老後の生活を支えていくための年金を40年間積み立てていくことになります。この制度は社会保障制度といわれ、転職したりしても再就職先で必ず再加入していきます。そのため個人には年金番号というものが与えられ、社会保険事務所では個人がどのくらいの期間それを積み立ててきたかわかるようになっています。一般に厚生年金保険の中には国民年金保険と呼ばれるものが含まれていて、その中身は老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金とされています。この年金保険は、実は国民が満65歳から支払われるので60歳で定年退職すると65歳までの間、働かなくては収入が途絶えることとなり、定年後の生活に頭を悩ます方が多いのが現実です。しかも40年間支払い続けた結果、65歳からようやく支払われる年金額も年間でいうと80万円未満といわれ、老人一人当たり、ひと月66000程度の支払額となります。

 

 

 

>>>クレジットカードのおすすめ情報はこちら