公的年金の種類

 

 

社会人としてお仕事をしている人の多くは年金制度へ加入しているかと思いますが、近年年金に関するニュースも非常の多くなって来ました。将来への不安等から多くの人の興味をひくトピックとなっています。しかし、年金と一言で言ってもいくつかの種類がある事をご存知でしょうか。年金制度を大きく分けると公的年金と私的年金に分ける事が出来ます。
まず公的年金に関してですが、年金加入者は必ず加入しなければいけないのが、国民年金です。職業関係無くこの年金制度には皆加入する事となっています。そして会社員等が二つ目の年金制度として厚生年金にも合わせて加入する事になります。自営業者等はこの厚生年金への加入は必要はありません。そして公務員等の職業に従事している人は厚生年金ではなく共済年金に加入する事になります。職業によってもここまで年金の種類が変わって来ます。現在の日本での年金制度は基本となる年金をベースに、厚生年金や共済年金等の制度を合わせて加入する階層式になっています。公的年金以外にも私的年金と呼ばれる民間の保険会社が販売している商品等もありますので、階層は何階にも広げる事が可能です。自身の将来への目的に合わせて各種年金制度を活用する様にしましょう。

 

 

>>>クレジットカードのおすすめ情報はこちら