共済年金

 

 

日本にはいくつかの年金制度が存在しており、公的年金に関しては職業によって対象者が変わります。日本の全国民が対象となるのが公的年金の中でも国民年金です。公務員も会社員も自営業者も皆この年金制度には加入する事となります。そして、会社員等企業に属する人が追加で加入しなければいけないのが厚生年金です。つまり会社員等の人達は二つの年金制度に加入している事になります。しかし、公務員の人達は公的年金では国民年金のみになりますので、その他の年金制度を活用する事があります。
例えば共済年金への加入です。主な役割や制度は厚生年金と大差は無く、国民年金と合わせて加入する事が出来ます。他の年金制度にもある様な、死亡保障や障害保障等も利用出来ますので大きな差はありません。しかし国家公務員、地方公務員、私立学校の教職員等か加入するもの等ここでも職業によって加入する年金の種類が変わって来ます。一言で年金といっても職業等によって加入すべき年金制度が異なり、人によっては何階層にも重なった年金制度に加入する事もありますので、一つづつ各々の年金制度の特色を理解しておく必要性があります。そして将来に渡り、どの年金からどの程度年金受給が可能なのかを把握する事で、将来の生活をある程度予測する事が出来ます。

 

 

 

 

>>>クレジットカードのおすすめ情報はこちら