年金支給金額の目安

 

 

少子高齢化の勢いは留まるどころか加速度合いは年々高くなる一方で、会社勤めをしているサラリーマンは60歳から公的年金の支給開始年齢まで収入を確保する事を考えなければならない時代に突入しています。
こういう事態を想定して、若いうちに個人年金保険に加入しておられる方も多いでしょうが、自身の個人年金の支給金額はどれくらいあるのか予め把握しておく必要があります。
勿論、金融商品や保険会社、保険料や保険加入期間によって受け取れる金額は相当違ってきますが、一応の目安として年間6万円の保険料を30年以上納めた場合で60歳から5年間年金を受け取る場合は、年間40万円強の年金が保険会社から支払われる事になります。
又、個人年金保険は所得税控除の対象になったり、市中の金融機関にお金を預けておくよりも高金利である事が多いので貯蓄性にも優れているといっても過言ではないでしょうし、リスクをあまり考えなくても済む利点もあります。
但し、先程前述した年金額は目安ですし保険会社によって保険商品の中身や内容に差がありますから、個人年金保険に加入をご検討なら信頼できるFPを紹介してもらって自分にあった個人年金保険に加入しましょう。

 

 

 

>>>クレジットカードのおすすめ情報はこちら