個人年金保険に加入する前に〜公的年金を知ろう

 

近年、多くの民間保険会社が販売している保険商品の中に個人年金保険商品が存在しています。公的年金制度だけでは将来に不安を感じる人にとって、さらなる補償を得る事が出来る点と、貯蓄型と呼ばれる保険のため貯蓄にまわす資金をこの保険に切り替えている人もいたりと、非常に人気の保険商品の一つです。しかし、まずは公的年金に関する知識を持った上で、その他の年金制度に関して検討してみましょう。
公的年金は、将来的な年金受取りに関して、ベースとなる非常に重要な制度です。まずは大きく分けて2つの種類が有る事を知っておきましょう。国民年金と呼ばれる職業に関係無く20歳以上の人が加入する年金で、厚生年金と呼ばれる自営業者等の人以外のサラリーマン等が対象となっている年金制度です。つまりサラリーマン等の会社員の人達は国民年金と厚生年金の両方に加入する事となりますので、将来の年金受取りもこの二つとなります。公的年金で具体的にどれぐらい将来的に受取る事が出来るのかという事も、近年ではインターネットで調べる事が出来ますので、具体的にどれぐらいの額を必要としているのかを知り、国民年金と厚生年金で補えない部分に関して、その他の私的年金等を購入する事を検討しましょう。

 

 

 

>>>クレジットカードのおすすめ情報はこちら