ペット社会の強い味方、ペット保険とは

 

 

ペットにかかる医療費は、治療や手術などの種類によって異なりますが、高額になることが多いです。そこで、今話題のペット保険が強い見方になってくれます。万が一ペットが動物病院で治療や手術を受けた時などに保障される保険です。気軽に動物病院を利用することが可能になり、病気やケガのいち早い治療対策をとることが可能になります。
楽天、アクサダイレクトなどなど今日、数多くのペットのための保険が存在します。加入する際には以下の点をチェックし、最愛なるペットに適した保険を選んであげましょう。
●保険加入を検討する際には、「保険会社」か、あるいは「少額短期保険業者」か、といった経営会社を確認し、経営状況などもチェックしましょう。
●治療にかかった費用に対し50%や70%など一定率の給付金が支払われる定率補償か、あるいは補償限度額が設けられており、その範囲内で実際かかった費用を全額補償してくれる実額補償タイプか、など給付率をチェックしましょう。
そのほか、加入条件や申請や支払い方法なども明確にしておきましょう。
例えば、ペッツベスト(PETSBEST)は、ペット医療保険 ペット傷害保険を扱っており、3つのプランから選択できます。あるいは、アイペット損保の「うちの子&うちの子ライト」では2種類選択可能です。多くは、オンラインでも申請可能です。
家族の一員であるペットのために、最も適した保険を見つけてあげましょう。

 

 

 

 

 

>>>クレジットカードのおすすめ情報はこちら

 

ペット社会の強い味方、ペット保険とは記事一覧

世界における日本のペット保険の加入率は、約4%となっています。これは世界の中では低い方だと言えます。このペット保険は、1974年にイギリスで誕生しました。このイギリスで加入している世帯は、23%と世界第二位となっています。一位はスウェーデンで、犬を飼っている世帯の70%以上がペット保険に加入しています。このスウェーデンでは保険や医療に対する関心が高いのも理由と言えますが、我が国では、ペット保険の存...

ペット保険とは、動物病院でペットの疾病や怪我の治療などを行う際に発生する医療費について補償を行う保険です。ペット保険はもともと欧米では広く普及していたものの、日本ではあまり馴染みのない保険でしたが、近年大手の保険会社を中心に日本でも取り扱いが開始され、注目を集めています。ペット保険の対象となるペットは保険商品によって異なりますが、犬や猫といった一般的なペットだけでなく、ウサギやフェレットなどの小動...

一般的とは言えないまでも、犬猫に代表されるいわゆるペットを飼っている人達は相当数おられるでしょうが、ペット保険に加入されている方も少なからずおられるでしょう。ペット保険は文字通り自身で飼っているペットに対して加入する保険で、怪我・病気をして動物病院にて診療や治療を受けた場合に保険金を受け取れる仕組みとなっているので保険に対する考え方や取り扱いは人間と殆ど変わりありません。ペット保険は当然の事ながら...

ペットは人間と同じく高齢になればなるほど動物病院などに行く回数が増えていきます。ペットを購入されてほとんどの方はこういった保険に加入せずに高い治療費を払ったりしています。若い年齢のうちはそれでも良いのでしょうが、なかなか年を取ってくると出費ばかりかさむ事になります。年間の動物病院の利用率を考えると大体2回から3回ほどは利用している計算になります。しかしそれは年齢的に若い時で、年を取ると年間5回から...

ペットの家族の一員であることか当たり前とされ、人間と同じように洋服を着せられているペットもそれほど珍しくなくなりました。そんな中、ペット保険も登場し好評を博しています。人間とは違ってペットに医療保険制度はありません。そのため、動物病院などでかかる治療費は、全てが全額自己負担になります。下手をすると、自分の医療費を上回ることもあるのです。そこで登場したのがペットの保険です。ペットが怪我や病気などのた...

犬や猫の予防医学や栄養学が発達し、長生きする傾向になってきたことに伴って、人間同様に高齢動物の健康ケアなども重要になってきました。そんななか、犬種特有の疾患や高齢のペットになるとかさみがちな医療費を補填してくれる、ペット保険の需要が高まっています。ペット保険は、動物病院で支払った費用のうち、治療にかかった金額の一部が、契約内容にしたがって飼い主に支払われるシステムになっています。治療以外のトリミン...

ペットの寿命は種類によっても異なるようですが、大雑把に言うと犬が15年、猫がそれより少し短いぐらいといった結果になると思います。実際にシンクタンクが保険契約情報をもとにアナライズし公表している様々なデータによると、平均寿命は犬と猫それぞれ13歳から14歳程度のようです。一方で、人間の生命保険とは異なり、あくまでペット保険は民間の金融機関が提供している金融商品ですので、明らかにリスクが高いと思われる...

人間の場合は健康保険が適用されることで医療費の負担を大幅に減らすことができますが、ペットの場合は必要な治療費の全てを飼い主が負担しなければなりません。一般的な診察や投薬だけでも人間の治療費と比べると割高に感じることは最早当然のことであり、そこにさらに手術が必要となれば合計で数十万円かかるケースは決して珍しいとは言えないのです。手術にかかる費用が高額になってしまうのは、がんなどの深刻な病気に限ったこ...

ペット保険の補償の対象外になるのは、各ペット保険会社によって大きく異なります。一般的な場合になりますがいくつかの例を挙げますと、生まれつきの病気やその病気が原因で発生した障害を治療する先天性異常の場合、妊娠や出産またそれに伴って生じた病気やケガなどの障害、地震や台風などの自然災害によって発生した病気やケガ、飼い主による過失や闘争行為、犯罪行為、自殺行為など飼い主が直接的な原因による病気やケガなどが...