加入率

 

 

世界における日本のペット保険の加入率は、約4%となっています。これは世界の中では低い方だと言えます。
このペット保険は、1974年にイギリスで誕生しました。このイギリスで加入している世帯は、23%と世界第二位となっています。一位はスウェーデンで、犬を飼っている世帯の70%以上がペット保険に加入しています。このスウェーデンでは保険や医療に対する関心が高いのも理由と言えますが、我が国では、ペット保険の存在自体を知らないという方が多いのも事実です。また、近年では犬猫だけでもペットを飼っている家庭は約36パーセントとなっており、3世帯のうち1世帯がペットを飼っています。さらにペットの高齢化も進んでおり、病気を患うペットも多くなっています。
日本では2000年頃にペット保険が普及され始めましたが、実は初期のペット保険はきちんとした対応がされていないものが多く、そのせいでペット保険に不信感を持っている人も多かったのです。しかし2008年に法的整備がなされ、ペット保険の安全性も増してきました。ペット保険は、今後のペットの将来を担っているとも言えます。出来るだけ安全で信頼できるペット保険を選ぶことが、飼い主として出来ることの一つでしょう。

 

 

 

 

>>>クレジットカードのおすすめ情報はこちら

加入率関連ページ

気になる補償内容
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
保険料の相場
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
年間の動物病院の利用率
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
保険金請求件数の平均
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
犬種別の傷病罹患率
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
手術診療費の平均
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
高額になるケースとは
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?
補償の対象外になるのは
情報業界のガリバー、リクルートが金融市場に参入してきました。クレジットカードのリクルートカードの実力は?