老後の生活費はいくら必要なのか

 

 

誰しもがきになる、仕事を終えて定年を迎え、老後の生活がどのぐらいで行えるのかという事については、まさにその人その人がどのぐらいにのお金を蓄えていて、どのぐらいの年金支給があるのかということで変化してきます。
自分自身がゆとりのある老後の生活を送れるのか心配であるという事でしたら、生活費がどのぐらいかかるのかというのを大まかにでも計算してみるといいでしょう。
たとえば、持ち家であるか賃貸であるかということにおいても住居費などの支払いが負担に変化をもたらします。
また夫婦で正社員として働いているという場合であれば、厚生年金というものもあるので、そういった部分の収入もゆとりにつながります。
年金が月にどのぐらい入るのかを基本として、毎月家賃や食費、雑費など最低限必要な金額を差し引くことで、マイナスだと感じる金額の把握をすることが出来る様になります。
そのマイナス部分というのが、大事な部分なので、預貯金から切り崩してまわしていくというものとなるわけです。
退職金というものを当てにするだけでなく、老後の生活というものをしっかりと見据えて、できる限りちょきんをしたり、資産を増やして行けるような行動というのをすることが求められるのではないでしょうか。

 

 

 

>>>クレジットカードのおすすめ情報はこちら